このページのトップへ
ホーム » かね庵だより
この記事についているタグ:お客様施工記お庭のご相談お家のご相談
ClipboardImage
神戸市I様邸のアプローチ工事が完工致しました。

アンティークレンガのアクセントをところどころに入れることにより、平坦なコンクリート土間のアプローチに流れるような楽しい動きが現れます。


何度も展示場に足をお運び頂き、こだわりのレンガをお選びいただきましたI様の、とっても素敵なお家まわりの完成でした。


この記事についているタグ:かね庵のおすすめ商品かね庵展示場お庭のご相談お家のご相談
i

とっても味わい深い色合いのキルンブリック 入荷です♪
大型レンガは、ピンク・クリーム・アイアンと3色揃っています。

1kg 70円  地域最安値です!!


キルンブリックの他にも、たくさんのアンティークレンガを取りそろえております。
アンティークレンガは、その時に解体した枦のレンガを仕入れるので、

ぜひお待ちしております。


この記事についているタグ:オープンガーデンお知らせガーデニング
ClipboardImage

かね庵ガーデン&エクステリア展示場1周年感謝祭抽選会の苗木プレゼント、最後にお届けしたのは不動の人気のシンボルツリーオリーブです。

開花期:5〜6月
花の色:白色
耐寒性:普通
耐暑性:強い
香り:甘い香り(花)

日光がよくあたる場所で育てて下さい。冬期に-5度以下に冷え込む地域でなければ、年間を通じて屋外に置いて育ちます。
植え付けの時期は3月〜4月。過湿に弱いので、土の表面が乾いてからたっぷりと水をあげます。冬場は特にやや乾かし気味で管理します。5〜6月にかけて小さな白い花を咲かせ、9〜12月頃に実がつきます。自家受粉ができないため、実を付けたい場合は違う種類を一緒にお育て下さい。枝葉が混み合うと日光が届かず風通しや生育が悪くなり病気の原因にもなるので、枝が混み合ったら2月に剪定を行ってください。
植え替えは梅雨の時期に一回り大きい鉢に植えましょう。


オリーブの花言葉は 『平和』 『知恵』

ノアの箱舟に乗っていた人たちに平和を知らせに来た鳩がオリーブを咥えていたと言われています。
地植えで育てると最大10〜15mにも育つオリーブ。どの大きさで育てるのもお好み次第です。


この記事についているタグ:オープンガーデンお知らせガーデニング
かね庵ガーデン&エクステリア展示場1周年感謝祭、大抽選会の景品だった、シンボルツリーの苗木プレゼント・3本目は、たくさん実のなった金柑です。

ClipboardImage

家庭果樹のキンカンは 樹高が1.5m前後で、小さく 花が7月から3〜4回にわたって咲き1個10〜20g程度の黄色の果実をつけます。
果皮に苦みが少なく甘いことから皮ごとまるかじりできる唯一の種類です。耐寒性が強く露地栽培ができ、さらに病害虫にも強く、土壌適応性も広いことから古くから家庭果樹として親しまれてきました。
中国では鉢植えをお正月に飾り、縁起物として古くから利用されています。
キンカンは「福徳」「黄金」 そして多くの果実は「子孫繁栄」を意味します。

金柑を当選されましたお客さま、実をお砂糖やはちみつで煮ると美味しい甘露煮が出来上ます。
ぜひお試しくださいませ。


この記事についているタグ:オープンガーデンガーデニングお知らせ
ClipboardImage

かね庵ガーデン&エクステリア展示場1周年感謝祭、2本目のシンボルツリーは 姫ヒイラギです。今回お届けする姫ヒイラギは2本立てのスタンド仕立てです。
雌雄異株で10月〜12月に実を付けるまで雌雄の区別はつきません。赤い実がなったら雌株です。つやのある小さなトゲトゲの葉っぱは新芽の時だけなので、トゲトゲを維持したい場合は定期的に刈り込んでください。


ClipboardImage
Qどのように育てればよいですか?
Aヒメヒイラギは明るい半日陰を好む植物です。関東以西では外でも冬を越しますが、
北国では部屋に取り込んだ方が無難です。一度水切れすると元には戻りませんので
水を切らさないように気を付けます。小さく維持するならば時々剪定して形を整えます。

Q置場所と水やり・いつ頃が植え替え時ですか?
A姫ヒイラギは通常明るい半日陰で育てます。冬は直射日光でもかまいません。
水やりは土の表面が乾いたら与えます。植え替えは、春先に暖かくなってから一回り大
きな鉢に植え替えておくと大きく育ちます。

Q基本的な育て方を教えて下さい。
A葉が小さいので寄せ植えなどに人気があります。寒さにも比較的強く、明るいところで
水切れさせないように管理しましょう。地植えすると大きくなり1.5メートルぐらいの高さ
になります。伸びすぎたら適当にカットして形を整えます。

Q葉っぱが落ちてきます。どうしたらいいのでしょうか?
A日光不足か水切れが原因でしょう。土の表面が乾たっぷり水与えて様子を見ましょう。

Qこれからどのように育てたら良いでしょうか?
A先ず根を傷めないようにポットよりも一回り大きな鉢に新しい培養土で植え替えましょう。
明るい半日陰を好むので、土の表面が乾き始めたら水を与えましょう。
今後株の大きさに合わせて順次植え替えをするようにします。

Q葉が枯れてきました。
A一見丈夫そうに見えるのですが水切れに弱いので、限界以上に乾かすと元に戻りませんので気を付けましょう。


クリスマスシーズンには大活躍の姫ヒイラギですが、柊には厄除けの意味のあるので、一年中重宝します。

≪前のページへ || 1 | 2 | 3 | ... | 60 | 61 | 62 | ... | 68 | 69 | 70 || 次のページへ≫
昇順表示 | 降順表示

ホーム » かね庵だより