このページのトップへ
29 4月 2021年 の記事
ガーデンコンシェルジュが選ぶ

2020 AWARD

NiwaNaviImage
NiwaNaviImage

昨年はコロナ禍により、お庭の使い方が激変した年でもありました。
たくさんのリガーデンのご依頼をいただきましたが、その中でも特にご要望の多かったTOP5を教えちゃいます♪


NiwaNaviImage

TOP1  目隠しフェンス
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage

長かったステイホーム期間。お庭でプールやBBQを楽しまれる姿も多く見られました。
ところが、いざお庭で過ごしてみると、近隣からの視線で寛ぐことが出来なかったり・・
目隠しフェンスでプライベート空間をつくると、充実のお庭時間をお楽しいいただけます。



ClipboardImage

TOP2 雑草対策
ClipboardImage
ClipboardImage

暖かくなると、どんどん生えてくる雑草。見るお庭から使えるお庭にワンアップするために、人工芝、マサファルト、スタンプコンクリート・・などなど、用途に合わせて様々なご提案をさせていただきました。



【人工芝】
枯れない、伸びない、虫来ない、三拍子そろった人工芝は、工期も短くコスパの良い雑草対策方法です。おうち時間を利用してDIYされる方も増加中。資材のみの販売もしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

【マサファルト】
真砂土を固める工法でアプローチなどに利用。自然な土の質感と落ち着いた風合いで、雑草の抑制と歩きやすさを実現。天然石を混ぜ込んだ優しい色調の5色のカラーバリエーションからお選びいただけます。


【スタンプコンクリート】
コンクリートの上に、木目・レンガ・石貼りのリアルな風合いを再現したスタンプコンクリート。おしゃれででサイン性も高く、大変人気の高い施工方法です。



ご紹介した以外にも、まだまだたくさんの方法があります。
一緒にオンリーワンのプランを見つけてみませんか?



ClipboardImage

TOP3 デッキテラス
ClipboardImage
ClipboardImage

木目調・天然石調・テラコッタ調・・ デザイン性も高く耐久性も良いタイルテラス。
汚れてもザバァ〜〜っと水洗い出来ます。同じようにメンテナンスの簡単な人工樹脂のウッドデッキも人気の高い素材です。




ClipboardImage

TOP4 花壇・家庭菜園
ClipboardImage
NiwaNaviImage

週末にはホームセンターに行列ができるほど大人気だった家庭菜園。三田の土は粘土質なので、なかなかそのままでは植物が育ちにくいのですが、プロの土壌改良で、植物の育ちやすい環境を作り、ストレスなくガーデニングを楽しめます。




ClipboardImage

TOP5 ガーデンルーム
ClipboardImage
NiwaNaviImage

家の中でも非日常空間を楽しむアウトドアリビングとしてだけでなく、リモートワークのスペースや自宅サロンなど、様々な用途で活用することができる、ガーデンルーム。おうちの雰囲気や目的に合わせて、色々なタイプの仕様からお選びいただけます。