このページのトップへ
ホーム » かね庵だより » 家庭菜園(ポタジェ)
この記事についているタグ:家庭菜園(ポタジェ)ガーデニング(植栽)三田市外構篠山市外構
ClipboardImage

コンパニオンプランツとは、野菜と隣り合わせて育てることにより、病害虫の被害を少なくさせてくれる効果のあるハーブやお花の事をさします。野菜の間に、マリーゴールドナスタチウムなどのお花を添えることによって、見た目も華やかな菜園に様変わり!!ハーブで特におすすめなのが、お料理でも一緒の出番の多い、トマト&バジルの名コンビです。


その他のコンパニオンプランツを調べてみました♪



この記事についているタグ:家庭菜園(ポタジェ)ガーデニング(植栽)
ClipboardImage

ホームセンターなどで夏野菜の苗が出回っています。小さな家庭菜園スペースで毎年同じ作物を作り続けると、連作障害と言って、病気になりやすくなったり害虫が付きやすくなったり、必要な養分が採りにくくなったりと、農作物が育ちにくくなってしまいます。特に、マメ科・ナス科の植物は症状が現れやすいので、夏野菜の王道のトマト・ナス・ピーマン・獅子唐などを同じ畑で繰り返し作る場合は、土壌を改良したり接ぎ木苗を使用したりと、いろんな注意が必要になります。
ClipboardImage

接ぎ木苗とは、美味しい品種の苗に強い植物の根っこがくっつけてあり、連作障害に強いほか、暑さや寒さに耐えることのできる美味しいとこどりの苗に仕上がっているものです。実生の苗よりお値段は少し高いですが、病気を防いだり暑い夏を乗り切るリスクが格段に減ります。


この記事についているタグ:家庭菜園(ポタジェ)かね庵展示場ガーデニング(植栽)
ClipboardImage

かね庵展示場の一番奥、ウッドデッキコーナーの横にある枕木で囲ったスペースが、最近話題のポタジェです。ポタジェ(potager)とは、家庭菜園を意味するフランス語であり、お野菜だけでなく、果樹・野菜・ハーブ・草花などを混植した実用と鑑賞の両目的に兼ね備えた庭のことです。

植える植物にも相性があります。キッチンハーブで用いられる ローズマリー・バジルなどをはじめコンパニオンプランツとしてよく植えられる ナスタチウムやマリーゴールドにはそばに植えた野菜の虫よけや病気を予防する効果なども期待されます。
お花を楽しみ、香りを楽しみ、食べて楽しむ・・
植えた数以上の楽しみ方ができます。



ポタジェを作るにあたって大事なことは、日当たりの良い場所を選ぶことです。そして最初にすることは、種や苗を買うことではなく土をしっかり作ることです。新興住宅街などの土壌はほとんど養分が入ってない土が使われているので、堆肥などを混ぜ込みながら空気のたくさん入った土を作りましょう。日本の土壌は雨などの影響で酸性になっているのでお野菜によっては苦土石灰を適量混ぜるのもお忘れなく・・
そこまで用意できたら、ようやく種まき・苗の植え付けです。 季節に合った種や苗を選び、背丈の伸びるものは支柱を施し寒さに弱いものはマルチをかけるなど、いろいろなお世話が必要です。初めはちいさな苗でも、すぐに大きくなるので、最終的な大きさを見越した間隔をとって植えます。


ClipboardImage

暖かくなってきたら、水やりや雑草引きも大変になります。そうして手間ひまかけて採れた野菜や果実は家庭菜園を頑張った人にだけ味わえる うれしいご褒美です。


≪前のページへ || 1 || 次のページへ≫
昇順表示 | 降順表示

ホーム » かね庵だより » 家庭菜園(ポタジェ)