このページのトップへ
ホーム » かね庵だより » ポタジェ(家庭菜園)
この記事についているタグ:ポタジェ(家庭菜園)ガーデニング(植栽)
ClipboardImage
(植える場所を選ぶ)日光で甘くなるので日当たりの良い場所を選びます。弱酸性の土壌を好むので、植え付けの二週間前に苦土石灰を1崚たり200ccを土によく混ぜ込みます。植えつけ1週間前になったら溝を掘り、化成肥料1崚たり2リットル・堆肥2リットルを埋め、その上から土をかぶせます。
(苗選び)色が濃く大きな葉が7〜8枚付いているものを選びます。連作障害が気になる場合は接ぎ木苗を選び、根鉢を崩さないように植えます。畝を作り水はけの良い環境を作り、45cm〜60cm間隔で苗を植えます。最初は小さな苗なので広すぎるように感じますが、あっという間に大きくなります。
ClipboardImage
ClipboardImage
(マルチ)土の上に黒いマルチをかぶせ苗を植えると、除草作業が省けたり、雨で跳ね返った土が葉や茎などに付き病気になる事を防ぐ効果もあります。となりにバジルの苗を植え付けておくと、トマトが甘くなり、お料理にも重宝します。植えつけ後は倒れないように支柱を立て軽く結びます。しっかりと結ぶと、ヒモが茎に食い込んで傷つき、病気の原因になります。
(育て方)お水のやりすぎは、味の劣化のほか、ひび割れの原因にもなります。苗が大きくなると脇芽が出てきて、これを放置すると茎ばかり育ってしまうので、発見次第摘み取ります。実が付き始めた頃以降2〜3週間おきに一度、追肥を施します。トマトの実は雨に当たるとひび割れることがあります。雨が当らないように支柱の上に雨除けなどを掛けると裂果を防ぐことができます。
ClipboardImage
ClipboardImage
(収穫)夜の気温がぐっと下がった時に実に糖分が集まるので、収穫は朝に行うのが一番美味しいと言われます。
家庭菜園の醍醐味・樹上完熟トマトにはアンチエイジングにも効果のある成分がたくさん含まれています。
≪前のページへ || 1 || 次のページへ≫
昇順表示 | 降順表示

ホーム » かね庵だより » ポタジェ(家庭菜園)