このページのトップへ
ホーム » かね庵だより » シェード・オーニング
この記事についているタグ:シェード・オーニング篠山市・三田市
屋外の日よけをお考えの方に♪
オーニング・シェード・テラス屋根・・
いろいろな選択肢がありますが
いざ付けるとなると、どれを付けていいのか
選ぶ基準がわかりにくいかと思います。

【オーニングとは・・】
オーニングとは日除け効果のある布製のキャンバスのこと。
主にポリエステルなどで出来ているので簡単に破れることなく、
耐久性や耐候性にも優れています。

オーニングの特徴
日光を遮り、室内に強い日差しを入れず、快適にしてくれる
紫外線をカットするので日焼けの対策もできる
室内が日陰になるのでエアコン代が節約される
外部からの視線をブロックする
多少の雨なら避けられる
キャンバスを出し入れできる
デザイン性で選ぶことが出来る

YKKAP サンブレロ


狭い場所にも対応できるようなサイズ設定になっています。
光触媒コートテント生地で、表面が汚れても太陽の光を浴びることによって
汚れを分解して取れやすくします。

LIXIL 彩風


強度もあり、少しくらいの雨風なら収納する必要がありません。



【シェードとは・・】
シェードはオーニングと同じく日除けが目的の生地です。オーニングとの違い簡単に取り付けることが出来ます。窓に取り付けるような小さなものから窓の前に斜めに縛り付ける大きなものまで幅広くあり、外にロールカーテンを取り付ける感覚です。
シェードの特徴
日光を優しく遮ってくれる
取り付けが比較的簡単
お値段が安い


LIXILスタイルシェードは、生地が薄いのであまり暗くならず
自然な日陰を作ることが出来ます。
出し入れも簡単でスムーズに収納することが出来ます。
窓のサッシにフックを取り付けてシェードを下におろすこともできます。
取り付ける生地の色によってカットする日光の割合が違いますが、
室内に心地よい日射しが取り込めます。




【テラス屋根とは・・】
テラス屋根は、日除けと雨よけの両方を考えて作られています。
屋根はキャンバス生地ではなく、ポリカーボネート板という
見た目はアクリル板のようで強度はガラスの250倍という
素材で出来ていますので、長くご利用いただけます。
しかもポリカーボネート板は光を通しながらも紫外線は
ほぼ100%カットするので、部屋の中が暗くならずに
日焼けの心配もいりません。
テラス屋根の特徴
ポリカーボネート板で紫外線をほぼ100%カット
豪雨でも耐えられる
オプションが豊富で物干しや目隠しもできる
大きなサイズもあり、サイズバリエーションが豊富



デザイン性重視の場合はオーニングかシェードがおすすめです。
キャンバスが選べるので、個性が出せるのもうれしいですね。
機能性重視なら、雨よけ・日よけどちらにも対応するテラス屋根です。
他の商品に比べ価格が比較的安く、オプション次第で物干しや目隠しの
機能を付けることが出来ます。

テラス屋根+シェードの組み合わせは、デザイン性も機能性も
兼ね備えることが出来ます。シェードのメンテナンスは必要になりますが、
テラス屋根のサイドパネルは屋根と同じ素材なので丈夫で長持ちします。


» 続きを読む

≪前のページへ || 1 || 次のページへ≫
昇順表示 | 降順表示

ホーム » かね庵だより » シェード・オーニング